震災で崩れてしまった屋根瓦の修繕工事

施工例一覧(屋根リフォーム)

お客様のご要望

東日本大震災の影響で屋根が崩れてしまったので直してほしいが、軽くて地震に強い方法をお願いします。

施工のポイント

少しでも屋根を軽くするために、のし瓦を取り外して軽量の南蛮漆喰を使用いたしました。それにともない棟を丸瓦一段で仕上げ強い揺れが発生しても耐えられるように致しました。

お客様の喜びの声

地震の影響で屋根の瓦が崩れてしまい、また同じように直しても大きな地震が発生したら崩れてしまうと考えておりました。鋼板の屋根にすれば丈夫なのでしょうが、出来る事なら今の屋根を直して使いたいと思ってご相談したところ、瓦の屋根を少しでも軽く丈夫にする方法をご提案下さいました。工事後は大きな揺れや雨が降っても安心して過ごす事が出来ております。

施工例写真

  • 《着手前》
地震の影響で棟部分の瓦が崩れ中の土まで出ている状態です。

    《着手前》
    地震の影響で棟部分の瓦が崩れ中の土まで出ている状態です。
  • 《着手前》
棟が崩れているだけではなく瓦自体も揺さぶられてズレています。

    《着手前》
    棟が崩れているだけではなく瓦自体も揺さぶられてズレています。
  • 《施工中》
地震の影響で少しでも屋根を軽くしたいというご要望が増えております。当社では軽量タイプの南蛮漆喰を使用し、従来の土よりも屋根の負担を軽く致しました。

    《施工中》
    地震の影響で少しでも屋根を軽くしたいというご要望が増えております。当社では軽量タイプの南蛮漆喰を使用し、従来の土よりも屋根の負担を軽く致しました。
  • 《完了》
軽量南蛮漆喰を使用し、のし瓦を使わない一段仕上げです。見栄えこそのし瓦付と比べて見劣りしますが、軽くて地震が来ても壊れない屋根でしたらこちらを強くオススメ致します。

    《完了》
    軽量南蛮漆喰を使用し、のし瓦を使わない一段仕上げです。見栄えこそのし瓦付と比べて見劣りしますが、軽くて地震が来ても壊れない屋根でしたらこちらを強くオススメ致します。

物件スペック

地域名 ひたちなか市
工事期間 2日